2018年07月02日

トーナメントバイト 最終ホール実況席AD


 おはようございます。

鳩山カントリークラブで行われたマルマンオープンのバイト。








キャプテンが配属された最終ホール実況席AD。

実況・解説が誰だったか、、、記憶にない(笑)

聞いた仕事の内容は

 『最終ホールセカンドに使った番手を聞きに行く』というものでした。

??

ん~よく分かんない。

『今、何番で打ったか聞いてこい!!』

と指令が出たら実況席から飛び出してコースへ走って行き、番手を聞いて戻って報告。

ゴルフ中継の時ってテレビ画面に色々な情報が出ていて『凄いな、ハイテクだな』って思ってたけど、裏で行われている地味な仕事で成り立っているんだと気づいた瞬間。

プロによって対応は様々だったそうです。

調子の良い、スコアの良いプロは聞いたら本人が直接答えてくれる。

逆に調子が悪い、スコアを落としているプロに聞きに行くと

 『そんなんに構ってんじゃねぇ』と帯同キャディさんを怒鳴りつけて行っちゃうんだって。。。

帯同キャディさんも慣れたもんで体の後ろで手を組んだフリして指で番手を教えてくれたり。

そのKプロの話が印象に残りすぎていて他の話が入ってきませんでした(笑)



ラウンド終了後のパッティンググリーンでトッド・ハミルトン選手が練習をしていました。

とてもにこやかにギャラリーへサインなどの要望に応えていらっしゃったのを覚えています。



ではまた。


posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 04:53| Comment(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする