2016年12月29日

高反発クラブ


 こんにちは。

昨夜、大きい地震がありましたね。

各所、被害がないことを祈ります。


高反発ドライバー、最近流行ってるんですか?

父が『欲しい~欲しい~』って騒いでいます(笑)

高反発規制が始まって何年経ったでしょう?

もちろん競技では使用することはできませんが、レクリエーションとして楽しむプレーとしてならば使用することは制限されていません。

でもなぁ…

反発規制が施行された後でも充分、飛距離は伸びていると思うんだよなぁ~。

私は使ったことがないので当時、どのくらい違いがあったのかは分かりません。

ただ父が買ったばかりのプロギアTR-X Duoを練習場で借りて…一撃で破壊したことはあります(笑)

それでも欲しいらしい。

やはり年齢的な飛距離の落ち込みに対して良かった頃、若かった頃とを比べると『道具に頼ってでも…』と思うのかもしれないですね。

因みに聞いたところその欲しいクラブだと『40ヤードアップするらしい…』と言っていました。



。。。


それ止めて温泉でも行って旨いもん食ってきたほうがいいよ。

と正直にアドバイスしてきました。





ではまた。









posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフギア | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

チッパーの市民権


 こんにちは。

チッパー(またはジガー)ちょこっと借りたことがありますが楽ですね。

でもなかなか浸透しない。

年配寄りの方は入れてるっちゃー入れてますが、、、。


もしもね、復帰したタイガーが

『素晴らしいギアを手に入れた』

といってチッパーを入れて、グリーン周りからのチップショットをことごとく決めまくったらきっと一気に浸透するかもしれません。

スコッティ・キャメロンが製作。

パターと同じように10数本、タイガーに渡し1年間使うための3本をチョイス。

チョイスされなかったものが『タイガースペア』として市場に出回り数百万円で取引される・・・

なんて日は来ないか(笑)


チップショットに特化されているクラブで他に用途がない。

プロは技術で戦うので14本のセッティングの中にチップショット専用のクラブを入れない。

全ての番手で色々なバリエーションのショットを打ってきます。



でもまぁ、時代でどう動くかは分かりません。

タラコと呼ばれていたころはアマチュアしか使っていなかったけど、ちょっと変化してハイブリッドクラブ(ユーティリティ)となったら定着。

TWチッパー。。。ないだろうな(笑)





ではまた。












posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフギア | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

チッパーは競技で使えるのか?


 と知人に聞かれました。

こんにちは。

そんなことを質問されるとは思いませんでした(汗)

結論としては・・・OKのようです。

JGAホームページより

直でリンクって大丈夫なんでしょうか??


溝の規制もしっかり適用されるんですね。

我々一般アマチュアの溝規制は確か2024年~だったような気がします。

旧溝製品は2010年以降に発売ができなくなっているので、現行で出回っているものはすべて適合溝ということになるから気にしなくていいのかな?

細かいことを言うと、旧溝製品でも在庫がなくなるまでは販売できるみたいですが。


私がウェッジを新調したのは・・・いつだったっけ???

それまではボーケイのOILCAN、52度と58度を入れていました。

とにかく練習ではウェッジから始まってウェッジでドリルやってウェッジでスイング作って・・・とウェッジ尽くしだったものでフェースがツルツル。

研修生がお安く購入できるルートから仕入れるというのでその話に乗っけてもらいました。

今思えばどういうルートだったのか???

私はアマチュアなので旧溝を頼んだら、購入先の人に『研修生なのに旧溝買うの??』と不思議がられてしまってスピンミルドのC・CをOILCANと同じロフトで購入~現在に至る。

角溝と言われるものを使ったことがないので違いが分からないんだけど、スピン性能ってそんなに違う?

まぁ、フェアウェイからのショットにアドバンテージを与えてラフとの差別化を図るようなものなんでしょうね。

フェアウェイからの100yフルショットなんかは普通に戻ってくるくらいスピンはかかります。

道具でかからないならあとは技術でかけるしかない(笑)

と練習に励んだものでした。





ではまた。





posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフギア | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

ボールを選択する


 こんにちは。

ゴルフは使用するボールを自分で選びます。

当たり前の話ですが、他のスポーツでボールを選び用意するものって

ないんじゃないかな?

ひょっとしたらあるのかもしれませんが、思い浮かびません。


始めたばかりの頃はとにかくボールを無くすので

『何でもいいや』

と思いがちです。

私もそうでした。

弾がなくては戦えないですからね。

廉価ボールやロストボールを使っていました。

でもこれだといつまでたってもボールに対する執着心が芽生えません。

『安いからいいか』

『拾ったボールだからいいか』

と、ちょっとしたトラブルでボールを放棄してしまいがちになります。

スコアアップを目指すなら、クラブを最新にする前にボールを選んで

ニューボールを買い、それを使い続けることをお勧めします。

ボールに対する執着心はスコアに対する執着心と同等だと思います。

またそこから自分のゴルフスタイルが確立されていくと思う。

ボールの打感。

打感から感じるイメージ。

イメージから膨らむタッチ。

ホームコースを持てば、ティショットはいつもこれくらい飛んで

残りセカンドはだいたいこの距離になるといったイメージトレーニングまで。

良いことずくめ。

ただし気をつけて下さい。

ボールに執着しすぎてずっと探し続けていると

スロープレーヤーというレッテルを貼られてしまいます。






ではまた。










posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフギア | 更新情報をチェックする