にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
ランキングに参加しています

2017年01月25日

TOB成立


 こんにちは。

今朝、車を乗り出した時の外気温−6℃。

走り出したら−8℃になりました。

ピリッとした寒さの中、空を見上げると下弦の月。

美しさとなんとなく儚さを感じました。



アコーディアゴルフのTOB。

先日、設定下限に達したため成立したそうです。

応募に応じなかった株主に対して強制的に(ちょっと不正確かも)に買い取りを実施する『スクイーズアウト』が実行されるそうです。

これでアコーディアゴルフは上場廃止となります。

完全子会社化、、、ということですが、親会社はTOBを実施したMBKパートナーズ系のアコーディア・ファイナンス?(この先も長い横文字でよく分かりません)と関連会社ということです。

何だかややこしくて分かりません(笑)

親会社にも運営を受託されているゴルフ場保有会社にも『アコーディア』の名前は残っています。

株や関連したビジネスに関して勉強しないと今回の事はちゃんと理解できないんだろうな、、、。

将来的には再上場を目指すということですが、その間に得られるゴルフ売り上げではなくゴルフ場の価値向上、ひいては会社全体の価値を向上=株価を上乗せして売却ということと理解していいのだろうか?

素人としてはこの辺が限界かも(笑)

何度も言っていますが、ゴルフ関係が投資の対象になるような時代ではないと思います。

素人には分からない筋書きが出来上がってるのかもしれませんね。

時が来ないと分からない。

何が起こるのか?

何も起こらないのか?





ではまた。







posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

キャディさん交代

 こんにちは。

キャディさんがハーフで交代したことはありますか?

たまにクレームがついて『午後から変えろ!!』みたいなことを言う人もいるみたいです。

人 対 人 なのでどうしても波長が合わないこともあるかと思いますが、、、


今回はゴルフ場側から自らキャディさんを交代させていくシステムについて。

何故、交代するんだと思いますか??


それは、キャディさんが足りないから。

『キャディさんが足りないなら交代させれば間に合うの?』と思うかもしれません。

在籍キャディさんで間に合わない組数の予約を回していくためのシステムですが、それには条件があります。

 『トップから最終までまんべんなくキャディ付きの組であること』 

ハイクラスのゴルフ場で全組キャディ付きというゴルフ場なら可能ですね。

セルフ予約も取っている、でもその日は大きなキャディ付きコンペが入っていてまんべんなく繋がっている。

こういうのも大丈夫ですね。


こないだ8分間隔で考えたんですが、1時間で8組スタートできる7分・8分間隔スタートの方が簡単なので今回はこっちでいきます(笑)

7時00分 1組目

7時07分 2組目

7時15分 3組目

7時22分 4組目  

7時30分 5組目

7時37分 6組目

7時45分 7組目

7時52分 8組目

8時00分 9組目

 以下、分単位は同じ数字を繰り返していくのが7分・8分間隔スタート。


7時00分トップスタート〜10時00分ラストスタートの25組、MAX50組とします。

7時00分の組は推奨時間の2時間15分で進行すると9時15分にハーフホールアウトします。

計算通りに進めば9時15分の組に付くのは・・・ムリですね。

諸々の準備があるので。

私の知ってる範囲では通常、朝のスタート時間20分前には積み込み〜クラブ確認などの準備をします。

20分確保するとして、9時37分の組にはギリ行けそう・・・かな?

この計算で行くと

9時37分 7時00分キャディさん

9時45分 7時07分のキャディさん

9時52分 7時15分のキャディさん

10時00分 7時22分のキャディさん

の4組、アウト・インで都合8組を回すことができる・・・のかな?

50組50名のキャディさんが必要な所、42名で何とかなる・・・かどうか。

この計算だとハーフ終了してのキャディさんの食事などの休憩時間は含まれていません。


7時00分の組のキャディさんがいなくなってしまったので、次につくのは朝7時30分にスタートして計算上9時45分に上がってきたキャディさん。

トップのお客さんに1時間休憩がついていたらこの時点のキャディさんでスタートまで30分。

20分前準備だったら10分しかありませんね。。。

こういう具合に空いてしまった組に後ろからキャディさんが回ってくること。

ゴルフ場によっては普通に『キャディ交代』だったり『回し』だったり『付け替え』だったり、呼び方は様々なようです。

因みに足りない人数の8名×2=16名のキャディさんが1.5Rに行きます。



お客さんにとっては1日同じキャディさんが帯同するのが普通。

帯同するキャディさんにとっても、満足に休憩がなかったり。

双方にとってあまりいいことはないような気がします。

キャディ付きのニーズがあり、それに応えるのは大切な事かもしれません。

ニーズに応え利益を上げる?

企業の目的とは何か?



経営学の父と言われるピーター・F・ドラッガーは言っています。

『事業体とは何かと問われれるとたいていの企業人は利益を得るための組織と答える。

 たいていの経済学者も同じように答える。

 この答えは間違いなだけではない。 

 的外れである。』




ではまた。











posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

早朝プレーの仕組み


 こんにちは。

前回、薄暮プレーについて書いたので今回は

 『早朝プレー』

について。

早朝プレーを思いついた人は凄いな!!と思います。

時間を切り売りするゴルフ場で埋もれているリソース(資源=時間)として残っているのはもうココしかありませんでしたから。

こういうのに特許的な何か防護策はないんでしょうかねぇ、、、。

瞬く間に広まって今や多くのゴルフ場が早朝プレーを取り入れています。


通常のゴルフ場のスタートが、例えば7時30分だとします。

早朝プレーは要するに、その時間の前にハーフターンしちゃえばいいじゃん?ということです。

一番日の出が早い時期は 4時25分前後になります。

2時間15分ペースで回ることを前提とすると、

4時30分 〜6時45分

4時38分 〜6時53分

4時46分 〜7時01分

4時54分 〜7時09分

5時02分 〜7時17分

5時10分 〜7時25分

ということ(何となく8分間隔スタートのゴルフ場で計算)で、アウト・イン18ホールズのゴルフ場では12枠のリソースを掘り起こすことができます。

(と・・・訂正です。7時25分にターンだと8分間隔で通常が7時33分になってしまうので、アウト・インで10枠のリソースということになります。)

このMAXに開放できる時期がどれだけあるか・・・は不明(笑)

すみません、この年末年始に調べる気力が湧き上ってきません(汗)


こういったプレーの時間割り通りに事が進めば・・・問題はありませんね。

ただ時間割り通りに進まない組があると、、、もう大変。

もし、トップスタートの組が2時間30分掛かってしまったら、、、

後ろ2組はターン時間に間に合いません。

その間に合わない2組が悪い訳ではないのに。

こういう場合はどうするんでしょう?





ではまた。








posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
≪スポンサードリンク≫