2017年05月06日

ゴルフと渋滞


 おはようございます。

連休中、いかがお過ごしですか?

大型連休の人、カレンダー通りの人、仕事の人、それぞれでしょう。

高速道路情報を見ると毎日、激しい渋滞が発生しています。

以前も渋滞について書いたことがあります。

事故や故障は渋滞の大きな原因になります。


交通量が増えると自然渋滞が発生します。

ゴルフ場で組数が多すぎるのと同じですね。

ちょっとした遅延を解消するための余力がなくなります。


連休など道路が混雑する日にゴルフへ行く準備をするのに

① かなり余裕を持って出発する人

② 危ないかな?と思って少し早めに出発する人

③ まぁ、そんなに影響ないでしょう?と通常通り出発する人

④ 寝坊してしまう人。。。

等々。


① かなり余裕を持って出発する人

渋滞が発生する前に危険地帯を通過できます。

なので通常より早く現場に着いてしまいます。

『いつも通りで良かったかな?』なんて思うけど、余裕があるので事故に遭ったりする可能性も減るでしょう。


② 危ないかな?と思って少し早めに出発する人

渋滞に引っかかります。

間に合うかどうかヒヤヒヤしますね。

途中でコンビニ寄ってコーヒー飲んで・・・なんて余裕がなくなります。

ギリギリ間に合いますが到着してすぐにスタートを迫られます。


③ まぁ、そんなに影響ないでしょう?と通常通り出発する人

スタート時間には間に合いません。

途中で高速を降りて一般道を走っても、周りも同じ考えの人たちで溢れかえっています。

気持ちの余裕はなく、イライラが募ります。

やっと着いてもスタートの予定が立ちません。


④ 寝坊してしまう人。。。

こんな時に・・・(笑)

論外です。


早く着いた人、何とか予定スタート時間に間に合った人は帰りもなんとかなります。

本格的な渋滞が始まる前に帰途につけます。

遅れてしまった人は、、、帰りも来た時と同じレベルの渋滞にハマってしまいます。


時間を有効に使う、余裕を持ってプレーに臨むためには準備が必要です。

備えあれば憂いなし。

備えをせずにボヤいても何にもなりません。


時間や準備品に余裕を持つ。

『そんなに?』と言われるくらいに準備をします(笑)

レジャーだけでなく仕事に対しても同じように準備します。。。

いいんです、そういう性分なんです。


何事にも余裕が必要です。







ではまた。












posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

寒波とゴルフ


 こんにちは。

寒いです。

もうここ最近、これしか言ってません(笑)

センター試験も地域によってはかなり大変だったみたいですね。

問題の中の一文にも波乱があったらしいですが、、、。


これだけ寒いとまともにプレーできないですね。

グリーンもフェアウェイも凍ってしまいます。

良いショットをしても結果になりにくい。

コースだけでなく他のあらゆるものが凍ります。

ボール拭きのタオル。

クラブ洗いのバケツの水。

途中の水道で交換しようとしても、その水道が凍っている。

体も固い上に着膨れして回らなかったり。

ケガもしやすかったりします。

なかなか穏やかな日に当たることも少ないので、やっぱりこの時期にラウンドは避けてしまいます。

練習場でゆっくりしっかり基礎練習。

冬場にしっかり基礎からスイングを立て直して、シーズンと同時に好スタートを切りたいですね。

年間の平均ストロークなどをつけている人は、こんな感じなんでしょうね。


とにかくラウンドするにしてもケガをしないように。

準備運動しっかりして、体を十分に温めてからスタートしましょう。


ちなみに今朝の出勤時間の外気温、-3℃。

今シーズン一番寒かった日は-6℃でした。

関東地方です。




ではまた。






posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

平成28年度のプロゴルフツアー


 こんにちは。

本日お休みの為、のんびりしています。

ここ最近の休みはいつも・・・のんびりしています(笑)

出不精になったのかなぁ?

趣味がなくなってきているのが原因かな。

ゴルフしろ!!と言われそうですが、少し離れてしまうとなかなか気持ちが向かない。

一生懸命に練習して、上達はムリでも現状を維持していた頃から考えると

『あの状態まで持っていくの大変そう、、、』と思ってしまいます。

良かった頃とのギャップに相当悩まされそう。


平成28年度のプロゴルフツアー。

男子は前年と同じ24試合。

ギャラリー数は前年比 4%増ということです。

女子も前年と同じ37試合。

ギャラリー数は前年比 5%減。

女子の試合は熊本地震の影響で1試合中止(なので開催は36試合)になってこの数字ということです。


男子の試合数ってこんなに少なかったんですね。

プロの試合、数が増えてもっと盛り上がるとゴルフ業界全体にもっと活気が出てくると思う。

確か以前は男子40試合くらいあったような気が、、、。

景気の低迷でスポンサーがつかなくなって試合数が減って、ゴルフ全体に影が落ちた。

アベノミクスで本当に景気は回復傾向にあるのか?

確実に良くなっている!!と言われても我々一般庶民には実感しにくい。というか全く実感がない。





ではまた。









posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

切れるとしたら?


 こんにちは。

体調不良で投稿をお休みしてました(笑)

かなり体調不良ネタが多くてすみません。。。



キャディさん付きでのプレー。

ここ数年やってないなぁ~。

打ってはいけない方向やクセのあるグリーンの読みなど、とても助かります。

人それぞれですが私は何でもかんでも聞くことはしません。

ショットを打つ方向に迷うドッグレッグホールや、バンカー先が見えなくてクラブ選択に迷うときなどはアドバイスを求めます。

グリーン上も基本、ラインは聞きません。


反対に何でも頼り切っているプレーヤーもいます。


グリーン上で

『どっちに切れる?』

って聞きます?

ベントグリーンが主流だから傾斜を見ればどっちに切れるかはだいたい分かる。

どっちに切れるか分からないような時は…だいたい真っ直ぐじゃないんでしょうか?

『でも切れるとしたらどっち?』

としつこく聞く人がいます、私の知り合いにも(笑)


曲がった方が都合がいいんでしょうね。

外れたときの言い訳を残しておきたいのかもしれない。

『やっぱり曲がった!!』とか。

『切れるとしたらフックっていうから打ったら曲がらなかった』とか。

『切れません』って言ってるのになぁ…と毎回思います。

曲がるラインに対してもそう。

タッチによってとるべきラインは変わります。

ジャストタッチなら大きく、強めなら小さく。

上級者の方はタッチは一貫していますね。

基本強めの人。

基本ジャストタッチの人。

これなら『カップ何個分フック(スライス)です』と言えるでしょう。

我々一般アマチュアは毎回違う強さで打ってしまいます。

違うか…毎回同じタッチでは打てません。

やさしいキャディさんなら『強めでカップ何個、ジャストでカップ何個』と教えてくれるでしょう。

でもあまりやりすぎると切れるのはラインではなく…



キャディさんかもしれません。

気をつけましょう。





ではまた。






posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | 更新情報をチェックする