にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
ランキングに参加しています

2016年12月24日

究極のパッティング練習法


 こんにちは。

勿体つけて回答(私の考え方)を先延ばしにしました(笑)


パッティングをする上で、パターの基点を意識していますか?

練習している姿を見ると、グリップごと平行移動させているプレーヤーが結構います。

『真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す』ことを意識するとこういう形になってしまうし芯には当たらなくなる。


ドライバーからパターまで、スイングの基本は同じ!!

これが私の持論です。

よってパターを手だけで振らない。

ヒントはベリーパターにあると思います。

何故、ベリーパターのアンカリングが禁止になったか?

基点が決まれば簡単だからです。

パッティングにおいて、基点となる部分はグリップエンド・・・ではない。

グリップエンドが基点になっているプロは青木功プロくらいしか知りません。

あの方は特別・・・。

一般的にはもっと遠い(高い)位置に基点がある。

中尺パターのグリップエンドをお腹にアンカリングする。

長尺パターのグリップエンドを胸にアンカリングする。

ヘッドで描く弧は基点が遠くなればなるほど緩やかになります。

これを意識して振るとヘッドはテークバック初期からインサイドに動きます。

インパクト以降も同じ。

こういう動きにならないと芯には当たらない。

長いクラブのフルショットも同じです。



出始めの頃の中尺の2ボールパターを借りた時に思いました。

登りの真っ直ぐ1メートル、絶対に外れない。最強だと。

まぁ、人間なんで感性とか欲とかで手が動くと外れるんですが(笑)

それから何年経ったか・・・アンカリングの禁止。

意外と先見の明があるな…(自画自賛)

練習の時、中尺持ってればしばらくその中尺パターで普通に練習。

基点を意識できるようになったら普通のパターで同じ動きで打ってみる。

グリップエンドから先にまだシャフトが伸びているイメージで。

グリップエンドが常にお腹に向いているように。

芯に当たるようになるはずです。



人はすぐに忘れる生き物です。

そしてやってみて良かったことはどんどんエスカレートして大げさになってしまう。

なので時々、中尺パターを使って正しい動きを復習。

オートマティックにできるようになったら、タッチやラインに集中できます。





ではまた。






posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

パッティングの芯


 こんにちは。

パターの上達。

誰もが願う事ですね。

パッティングの練習で何に重点を置いていますか?

タッチを合わせる事?

ラインを出すこと?

全てのショットに通じる事ですが

 『芯(スイートスポット)で打つこと』

が一番重要だと思います。


フルショットとは違うので『そんなの簡単だし、芯に当たってるよ』と思うかもしれません。

でも意外と芯に当たっていないプレーヤーは多いと思う。

また『前後の芯』は意識していても『上下の芯』まで意識していなかったり。


手先で振って合わせても当たらない。

またそればかり考えていたら先に挙げたような『タッチ』や『ライン』に気が回らない。

ではどうするか?

どうしますか?


続きは次回。





ではまた。








posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

強風下のゴルフ


 こんにちは。

冬の晴れた日は風が強い。

もう落ち葉は落ち着いたかな?

処理しても処理してもあとから絶え間なく落ち葉が舞ってきます。

吹き溜まっている所にボールが飛んで行ったら・・・潜ってしまって見つからない。

自分のじゃないボールがゴロゴロ出てきたりします。


風の日のゴルフと雨の日のゴルフだったらどっちがいい?

『コンディション悪い時にはやらない』が一番かな(笑)

私のような一般ゴルファーはそうもいかないんですけどね。

寒さ抜きだったら・・・雨の日を選びます。

濡れるのはイヤだしやることは増えるけど、ピンまで打って行ける。

キャリーで計算できるのはプレーをする上ではいいかな?と思います。

もちろん、グリーンに水が溜まるような状態は論外ですけどね。


ゴルフ場が雨でクローズした。というのは聞いたことがありません。

上に書いたように、グリーンに水が溜まるような状況でもスタートはさせるしプレーは続行。

グリーン上の水をしごき取るローラーなんてかけることもない。

プレーヤーの判断で止めるのは結構だけれどもこっちからは『止めてください』とは言いませんよ〜といったところでしょうか。

潔い撤退は勇気が必要だけど、対顧客には評価されると思うんだけどな。

『イヤッホゥ〜!!雨だぜ!!雨ゴルフ最高〜』と思っている人なんていないでしょうから、誰かがブレーキ掛けてくれるの待ってるハズ(笑)


プレー費が10000円(簡単に考えるためにザックリと)で1組4名だけスタートしてしまったら。。。

水道光熱費や人件費等、バカにできないほどかかるんじゃないかな?

収入 40000円

支出 分からないけど多額


対顧客、対費用として考えて撤退するが勝ちのような気がします。



話がだいぶ逸れました。

タイトルは『強風下のゴルフ』でしたね。






ではまた。














posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
≪スポンサードリンク≫