2017年12月12日

凍結したティーインググランドに穴を開けるやつ


 こんにちは。

タイトル通り

『凍結したティーインググランドに穴を開けるやつ』(笑)

本当の名前を知っていますか?





あれは

『ティーボーリング』

といいます。

そのまんま『ティーに穴を開ける(ボーリングする)』やつってことですね。

ボーリングとボウリングを混同してしまいがちですが。。。

っとこんな話はどうでもいいですね(笑)


霜が降りて地面が凍り始めた頃だと設置されていないことがあります。

そんな時は

『凍結したティーインググランドに穴を開けるやつありますか?』

と言わず

『ティーボーリングありますか?』

と聞くとツウっぽい。

もっともそれで通じないスタッフの方もいるかもしれないのでその時は。。。

何て言えばいいか分かりますよね?(笑)


よく見るティーボーリングは膝くらいまでの高さがあって立ったまま突き刺せるタイプ。

楽だけどこのタイプだとせっかく開けた穴を見失ってしまう。

便利だな♪と思ったのはハンマータイプのやつ。

ハンマーの先に釘が溶接してあるのでしゃがまないと穴を開けられませんが、狙ったところを外しません。

さらに視線が近いので穴を見失うこともない。

あまり遭遇することはないんですけどね。


通常の膝くらいまであるタイプの場合は

『一か所だけじゃなく何個か開けておく』と時間短縮になります。

一か所だけだと捜すのが大変だし、もう一回穴を開ける作業が必要になる。。。


凍結した厳しいコンディションで、良いスコアは出しにくい。

余計なことに時間を使わずにプレーに時間を使えるように!!


ではまた。

posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 12:27| ゴルフ場 | 更新情報をチェックする