2017年01月04日

早朝プレーの仕組み


 こんにちは。

前回、薄暮プレーについて書いたので今回は

 『早朝プレー』

について。

早朝プレーを思いついた人は凄いな!!と思います。

時間を切り売りするゴルフ場で埋もれているリソース(資源=時間)として残っているのはもうココしかありませんでしたから。

こういうのに特許的な何か防護策はないんでしょうかねぇ、、、。

瞬く間に広まって今や多くのゴルフ場が早朝プレーを取り入れています。


通常のゴルフ場のスタートが、例えば7時30分だとします。

早朝プレーは要するに、その時間の前にハーフターンしちゃえばいいじゃん?ということです。

一番日の出が早い時期は 4時25分前後になります。

2時間15分ペースで回ることを前提とすると、

4時30分 ~6時45分

4時38分 ~6時53分

4時46分 ~7時01分

4時54分 ~7時09分

5時02分 ~7時17分

5時10分 ~7時25分

ということ(何となく8分間隔スタートのゴルフ場で計算)で、アウト・イン18ホールズのゴルフ場では12枠のリソースを掘り起こすことができます。

(と・・・訂正です。7時25分にターンだと8分間隔で通常が7時33分になってしまうので、アウト・インで10枠のリソースということになります。)

このMAXに開放できる時期がどれだけあるか・・・は不明(笑)

すみません、この年末年始に調べる気力が湧き上ってきません(汗)


こういったプレーの時間割り通りに事が進めば・・・問題はありませんね。

ただ時間割り通りに進まない組があると、、、もう大変。

もし、トップスタートの組が2時間30分掛かってしまったら、、、

後ろ2組はターン時間に間に合いません。

その間に合わない2組が悪い訳ではないのに。

こういう場合はどうするんでしょう?





ではまた。








posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリーン刈りやカップ切りはいつやるんでしょう⁉ 夏場に夕方刈るの?
朝には相当伸びますよ
Posted by at 2017年01月04日 13:20
コメントありがとうございます。

この返信を見てくださっているかどうか・・・。

早朝プレー時、最初のハーフは前日に刈ったきりの状態。

したがって露切りもできていません。

後半ハーフは早朝組の後ろから作業に入っているので刈り込み済。

カップ位置は前日夕方に切りなおしている所もあれば、前半は前日位置、後半は作業後の当日位置でピンプレイスメントが2枚ついているコースもあります。
Posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 2017年01月04日 14:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック