にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
ランキングに参加しています

2016年12月27日

切れるとしたら?


 こんにちは。

体調不良で投稿をお休みしてました(笑)

かなり体調不良ネタが多くてすみません。。。



キャディさん付きでのプレー。

ここ数年やってないなぁ〜。

打ってはいけない方向やクセのあるグリーンの読みなど、とても助かります。

人それぞれですが私は何でもかんでも聞くことはしません。

ショットを打つ方向に迷うドッグレッグホールや、バンカー先が見えなくてクラブ選択に迷うときなどはアドバイスを求めます。

グリーン上も基本、ラインは聞きません。


反対に何でも頼り切っているプレーヤーもいます。


グリーン上で

『どっちに切れる?』

って聞きます?

ベントグリーンが主流だから傾斜を見ればどっちに切れるかはだいたい分かる。

どっちに切れるか分からないような時は…だいたい真っ直ぐじゃないんでしょうか?

『でも切れるとしたらどっち?』

としつこく聞く人がいます、私の知り合いにも(笑)


曲がった方が都合がいいんでしょうね。

外れたときの言い訳を残しておきたいのかもしれない。

『やっぱり曲がった!!』とか。

『切れるとしたらフックっていうから打ったら曲がらなかった』とか。

『切れません』って言ってるのになぁ…と毎回思います。

曲がるラインに対してもそう。

タッチによってとるべきラインは変わります。

ジャストタッチなら大きく、強めなら小さく。

上級者の方はタッチは一貫していますね。

基本強めの人。

基本ジャストタッチの人。

これなら『カップ何個分フック(スライス)です』と言えるでしょう。

我々一般アマチュアは毎回違う強さで打ってしまいます。

違うか…毎回同じタッチでは打てません。

やさしいキャディさんなら『強めでカップ何個、ジャストでカップ何個』と教えてくれるでしょう。

でもあまりやりすぎると切れるのはラインではなく…



キャディさんかもしれません。

気をつけましょう。





ではまた。






posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445279868

この記事へのトラックバック
≪スポンサードリンク≫