2016年12月09日

アコーディアゴルフとMBKパートナーズ


 こんにちは。

アコーディアゴルフの株式公開買い付けについて。

その後、雑誌などでも記事を読んできました。

すみません、前回の記事1部訂正しています。

アコーディアゴルフ、株式上場廃止へ



『上場会社でいると大胆な資金の使い方ができない。

上場廃止によって破綻コースの買収と改装を機動的に行えるようになる。』

と週刊ゴルフダイジェストには書いてありました。

今年の7月時点で一報があったらしいですね、、、。

情報収集不足でした(汗)


またゴルフ場を多数売却していたと思っていたんですが、これも認識不足でした。


アセットライトというらしく、保有するゴルフ場を証券化してファンドを作る。

それをシンガポールの証券市場で上場化しているんだって。

シンガポールのファンドに売却したんだとばっかり思ってました。


これによるメリットはゴルフ場自体を持たず、その運営を受託することで利益を得ることができる

ということらしい。。。何となくは分かるけどそんなことができるんですね。


外資ファンドがまたゴルフ場運営会社の親会社になる。

ファンドは必ず出口を探し資金の回収をするはずなんですが、これからの成長が

見込める業種か?と言えばそうではない。


もしかしたらすでにその先のシナリオができているのかも??





ではまた。












posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ場 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック