2016年08月25日

アプローチ禁止


 こんにちは。

今日も暑くなりましたねぇ。

迷走台風が向きを変えて関東方面に向かってくるって言うし、

まったくなにが起こるか分かりません。



普通、一般的・常識的に考えてゴルフ場の練習グリーンではアプローチ禁止ですよね?

グリーン外のショット跡、グリーン内のピッチマークの防止ももちろんですが、

一番の理由は

『安全』

だと思います。

大なり小なり、クラブを振るわけです。

またボールも飛んで行きます。

クラブで殴られたら、またボールが当たったらどれだけ痛いか?

考えれば…というか考えなくても分かることだと思います。

『アプローチ禁止の看板がないから』

『他の人もやってるから』

といってアプローチ練習をしてしまう人が増えました。

『最近の若いもんは…』的なおっさん発言になりかねませんが、

いいお年をされた方も多かったりします。

悲しいことです。


二人で回っているからって二発も三発も打ち直す人。

バックティーを勝手に使ってるっぽい人。

隣のホールから黙って入ってくる人。

打ち込んで来る人。

いまやゴルフ場は無法地帯??


誰かが毅然と正さなければいけない。

そんな出来事が多いですね。

(-_- )



ではまた。










posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ルール・マナー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良く行くゴルフ場で、サブグリーンからアプローチした跡が問題になってました。自宅でベント芝を管理している身からすると考えられないですね。グリーンでターフを削られると、追い撒きしてターフになるまで1ヶ月、またはナーセりーからの移植が必要です。

あとこれまでで一番怒れたのが、カートでコース乗り入れできるゴルフ場で、自分がティショットした直後に隣のホールからカートに乗ったままこちらのホールに乗り込んでくる若造がいました。自分はナイスショットでフェアウェイ左サイドにキープできたはずなのにカート直撃。ティーグラウンドから大声で怒鳴ってやったのですが、誤りもせずに自分のボールを拾って自分のホールに戻っていきました。隣のホールに打ち込んだ時点で「ファー」の声も無く、堂々とカートで乗り込んでくる神経が信じられなかったッス^_^;

ゴルフクラブもボールも一歩間違えれば凶器になるので、ルールとマナーを守ってプレーしたいですね。
Posted by motos33 at 2016年08月26日 07:40
コメントありがとうございます。

サブグリーンからのショット、プロの試合なら…ですが通常はやはり考えられませんよね。

恐らくわざとというよりも知らないんでしょう。

芝を管理している立場からしたら本当に悲しいです。

お客さんとして来てくれるなら誰でも拒まず『ありがとう』という風潮が強すぎるのではないでしょうか?


Posted by ウィリアム・マサチューセッツ at 2016年08月26日 09:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック