Top > ゴルフ >究極のパッティング練習法

究極のパッティング練習法

スポンサーリンク



 こんにちは。

勿体つけて回答(私の考え方)を先延ばしにしました(笑)


パッティングをする上で、パターの基点を意識していますか?

練習している姿を見ると、グリップごと平行移動させているプレーヤーが結構います。

『真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す』ことを意識するとこういう形になってしまうし芯には当たらなくなる。


ドライバーからパターまで、スイングの基本は同じ!!

これが私の持論です。

よってパターを手だけで振らない。

ヒントはベリーパターにあると思います。

何故、ベリーパターのアンカリングが禁止になったか?

基点が決まれば簡単だからです。

パッティングにおいて、基点となる部分はグリップエンド・・・ではない。

グリップエンドが基点になっているプロは青木功プロくらいしか知りません。

あの方は特別・・・。

一般的にはもっと遠い(高い)位置に基点がある。

中尺パターのグリップエンドをお腹にアンカリングする。

長尺パターのグリップエンドを胸にアンカリングする。

ヘッドで描く弧は基点が遠くなればなるほど緩やかになります。

これを意識して振るとヘッドはテークバック初期からインサイドに動きます。

インパクト以降も同じ。

こういう動きにならないと芯には当たらない。

長いクラブのフルショットも同じです。



出始めの頃の中尺の2ボールパターを借りた時に思いました。

登りの真っ直ぐ1メートル、絶対に外れない。最強だと。

まぁ、人間なんで感性とか欲とかで手が動くと外れるんですが(笑)

それから何年経ったか・・・アンカリングの禁止。

意外と先見の明があるな…(自画自賛)

練習の時、中尺持ってればしばらくその中尺パターで普通に練習。

基点を意識できるようになったら普通のパターで同じ動きで打ってみる。

グリップエンドから先にまだシャフトが伸びているイメージで。

グリップエンドが常にお腹に向いているように。

芯に当たるようになるはずです。



人はすぐに忘れる生き物です。

そしてやってみて良かったことはどんどんエスカレートして大げさになってしまう。

なので時々、中尺パターを使って正しい動きを復習。

オートマティックにできるようになったら、タッチやラインに集中できます。





ではまた。






スポンサーリンク

にほんブログ村 ゴルフブログへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

2017年12月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31